新生児用肌着の種類

新生児に着せる肌着のうち、全ての基本になるのが短肌着です。前開きで、ひもで結ぶことで着せるようになっています。暑い時期には1枚で過ごせますし、そうでなければこの上に長肌着やコンビ肌着を重ねます。長肌着は、短肌着と同じ形式で丈が長く、足首のあたりまで覆います。生まれてすぐ、寝ていることが多い段階で重宝します。少し大きくなって、足の動きが活発になってくると、はだけてこないように股下をスナップで止めることができるコンビ肌着が便利です。生まれてすぐから使う人もいます。

短肌着これらの肌着は、前開きになっておりひもで結ぶため、どんどん大きくなる赤ちゃんの成長に対応できるようになっています。誕生に向けて手に入れておきたいサイズは「50~60」で、3か月くらいまでこれで過ごせます。特に短肌着は、肌に直接触れるもので頻繁に着替えさせるため、5~6枚あると安心でしょう。長肌着やコンビ肌着は、生まれた季節にもよりますが短肌着と同じくらい、または多少少なくてもいいかもしれません

ロンパースは、トップスとボトムスがつながったTシャツのような形で、股の部分でスナップでとめます。トップスの部分は長そでや半そで、ノースリーブもあり、季節によって使い分けることができます。新生児用については、前開きになっていてスナップでとめるものも売られています。

Top